FUJITA Koichi

Position: Professor

MAIL: kfujita [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

Research Departments

Political and Economic Coexistence

Area

Agricultural Economics, Southeast Asia Area Studies, South Asia Area Studies

Research Interests

I have been doing field work-based research on contemporary agricultural and rural socio-economic issues in Myanmar, Laos and Vietnam from Southeast Asia, and Bangladesh and India, including West Bengal, Bihar, Tamil Nadu, Punjab, etc., from South Asia. Yunnan Province of Mainland China is also included.



 The followings are the current and/or past research topics of mine.
    1. Groundwater irrigation, especially groundwater markets in Bangladesh and India. Energy issues of groundwater irrigation as well
    2. Agricultural and rural finance issues in Southeast and South Asia
    3. The interrelation issues between rural development, rural society and rural administration in Southeast and South Asia
    4. The maintenance and management issues of local public goods such as tanks in South India
    5. Land reform policy issues, and the issues of relations between agrarian structure and productivity as the basic
    6. Socio-economic issues of rural landless households in South Asia and Myanmar
    7. Research on “Zomia” (ethnic minorities in mountainous regions from Yunnan, China to Northeast India, through Southeast Asia)

    著書(編著・学術誌特集号編集を含む)

  • 1.藤田幸一『バングラデシュ農業発展論序説-技術選択に及ぼす農業構造の影響を中心に』農林水産省農業総合研究所、研究叢書114号、1993年2月、1-267.
  • 2.藤田幸一『バングラデシュ 農村開発のなかの階層変動-貧困削減のための基礎研究』  京都大学学術出版会、2005年1月、1-287.
  • 3.藤田幸一(編)『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年10月、1-341.
  • 4.Koichi Fujita, Fumiharu Mieno, and Ikuko Okamoto (ed.), Economic Transition in Myanmar after 1988: Market versus Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 1-322.
  • 5.Koichi Fujita, Re-thinking Economic Development: The Green Revolution, Agrarian Structure and Transformation in Bangladesh, Kyoto University Press and Trans Pacific Press, 2010, 1-302.
  • 6.Koichi Fujita (ed.), Special issue on ‘Socio-Economic Dynamics in a Tank-Irrigated Rural area in Contemporary Tamil Nadu, India’, 『東南アジア研究』49(1), June 2011, 3-150.
  • 7.杉原薫・脇村孝平・田辺明生・藤田幸一(編)『歴史のなかの熱帯生存圏―温帯パラダイムを超えて』、京都大学学術出版会、2012年、1-536.
  • 8.Koichi Fujita, Makoto Inoue, and Ikuko Okamoto, Final Report: Towards Agriculture and Rural Development in Myanmar, September 2015, JICA, i-xiv, 1-126.
  • 9.Akihiko Ohno and Koichi Fujita (ed.), Special issue on ‘Credit Union Movement in Laos’, Southeast Asian Studies, Vol.3 (Supplementary Issue), March 2015, 3-155.
  • 10.Minoru Mio, Koichi Fujita, Kazuo Tomozawa and Toshie Awaya, (ed.), Structural Transformation in Globalizing South Asia: Comprehensive Area Studies for Sustainable, Inclusive, and Peaceful Development, Senri Ethnological Studies 96, National Museum of Ethnology, 2017.

 

    論文

  • 1.藤田幸一「バングラデシュにおける農業発展-農業構造と技術変化の関連を中心に」 『アジア経済』27巻12号、1986年12月、2-23.
  • 2.藤田幸一「バングラデシュ農村における雇用問題-農業技術変化の雇用吸収効果を中心にして」『農業総合研究』42巻1号、1988年1月、63-103.
  • 3.藤田幸一「マダガスカルにおける稲作の不振と政策対応」『農業総合研究』42巻3号、1988年7月、69-90.
  • 4.藤田幸一「ザンビアにおける経済危機と農業の価格・流通政策」『農業総合研究』42巻3号、1988年7月、91-121.
  • 5.藤田幸一「アフリカの食料問題と米」『国際農林業協力』11巻4号、1989年3月、2-8.
  • 6.藤田幸一「農業技術」国際農林業協力協会『インドの農業 改訂版』、1989年3月、31-63.
  • 7.藤田幸一「農家の営農の実態」国際農林業協力協会『インドの農業 改訂版』、1989年3月、64-85.
  • 8.藤田幸一「灌漑開発と制度的諸問題」佐藤宏編『バングラデシュ:低開発の政治構造』アジア経済研究所、1990年7月、209-257.
  • 9.藤田幸一「バングラデシュにおける土地なし貧困層への金融-グラミン銀行をめぐって」『アジア経済』31巻6・7号、1990年7月、143-160.
  • 10.藤田幸一「ジャワ農村における労働慣行に関する一考察-西部ジャワ州天水田地域の農村調査から」『農業総合研究』44巻3号、1990年7月、1-53.
  • 11.Koichi Fujita, “Employment Structure and Income Generation”, Toshihiko Kawagoe (ed.), Role of Secondary Crops in Employment Generation: A Study in a Rainfed Lowland Village in Java, November 1990, 19-35.
  • 12.Koichi Fujita, “Rural Industry Introduction Programme-in Case of Japan”, Asian Productivity Organization, Measures for Employment Generation, 1991, 36-54.
  • 13.藤田幸一「農業・農村開発の現状と課題」アジア経済研究所『国別経済協力研究報告書―バングラデシュ』、1992年3月、35-84.
  • 14.藤田幸一「農村の新しい変化」谷口晋吉ほか編『もっと知りたいバングラデシュ』弘文堂、1993年9月、215-227.
  • 15.藤田幸一「『緑の革命』と所得分配-バングラデシュの灌漑水市場の分析を通じて」『農業経済研究』66巻4号、1995年3月、181-191.
  • 16.藤田幸一「村落公共機能の強化をめざして-バングラデシュ農村開発の新戦略」『東南アジア研究』33巻1号、1995年6月、25-38.
  • 17.藤田幸一「バングラデシュ農村非制度金融の新動向-階層間金融フローの『逆転』をめぐって」『農業総合研究』49巻3号、1995年7月、1-57.
  • 18.Koichi Fujita and Feroz Hossain, “Role of the Groundwater Market in Agricultural Development and Income Distribution: A Case Study in a Northwest Bangladesh Village”, The Developing Economies 33(4), December 1995, 442-463.
  • 19.藤田幸一「バングラーデーシュ:浅管井戸による農村の変貌」堀井健三ほか編『アジアの灌漑制度―水利用の効率化に向けて』新評論、1996年3月、215-249.
  • 20.藤田幸一「1980年代のベンガル農業発展に関するノート」山本裕美編『アジア農業の持続的発展-市場化と制度・組織の進化』アジア経済研究所、1996年3月、166-191.
  • 21.藤田幸一・板垣啓子「小規模農村インフラ事業にみる行政と村落―バングラデシュにおける事例研究」山本裕美編『経済改革下のアジア農業と経済発展』アジア経済研究所、1998年3月、161-215.
  • 22.藤田幸一「農村開発におけるマイクロ・クレジットと小規模インフラ整備」佐藤寛編『開発援助とバングラデシュ』アジア経済研究所、1998年3月、281-304.
  • 23.藤田幸一「人口増加・経済成長と食糧問題」東京大学農学部編『人口と食糧』、1998年10月、13-24.
  • 24.藤田幸一「食糧問題と研究開発」東京大学農学部編『人口と食糧』、1998年10月、120-130.
  • 25.藤田幸一「バングラデシュ」原洋之介編『アジア経済論』NTT出版、1999年1月、422-448.
  • 26.藤田幸一「グラミン銀行をめぐる一考察:農村インフォーマル金融との関連を中心に」岡本真理子ほか編『マイクロファイナンス読本:途上国の貧困緩和と小規模金融』、1999年3月、135-147.
  • 27.藤田幸一「アジア諸国のWTO対応 第1回-インド」『農林統計調査』50巻1号、2000年1月、33-37.
  • 28.藤田幸一「わが国バングラデシュ農業・農村研究の到達点と課題」山本裕美編『現代アジアの農業政策』アジア経済研究所、2000年3月、129-141.
  • 29.藤田幸一・岡本郁子「ミャンマー乾期灌漑稲作経済の実態-ヤンゴン近郊農村フィールド調査より」『東南アジア研究』38巻1号、2000年6月、22-49.
  • 30.Koichi Fujita, “Credit Flowing from the Poor to the Rich: The Financial Market and the Role of the Grameen Bank in Rural Bangladesh”, The Developing Economies 38(3), September 2000, 343-373.
  • 31.藤田幸一「インドの食料需給と農業をどうみるか」『食料政策研究』104号、2000年10月、45-93.
  • 32.藤田幸一「1990年代バングラデシュにおける地下水市場の変容-非効率の構造と所得分配への含意」『アジア経済』42巻6号、2001年6月、26-53.
  • 33.Koichi Fujita, “Credit Flowing from the Poor to the Rich: Reply”, The Developing Economies 39(4), December 2001, 436-439.
  • 34.藤田幸一・アショク クンドゥ「インド・西ベンガル州の農業発展と管井戸灌漑-ノディア県一農村調査より」『アジア経済』43巻7号、2002年7月、2-22.
  • 35.藤田幸一「インド農業論-技術・政策・構造変化」絵所秀紀編『講座現代南アジア第2巻 経済自由化のゆくえ』東京大学出版会、2002年9月、97-119.
  • 36.藤田幸一「制度の経済学と途上国の農業・農村開発-政府・市場・共同体のはざまにて」『農業経済研究』74巻2号、2002年9月、58-68.
  • 37.Koichi Fujita, Ashok Kundu and W.M.H. Jaim, “Groundwater Market and Agricultural Development in West Bengal: Perspectives from a Village Study”, Japanese Journal of Rural Economics 5, March 2003, 51-65.
  • 38.藤田幸一「開発経済学とアジアの農村-パランプール研究に寄せて」『経済史研究』7号、2003年3月、54-70.
  • 39.藤田幸一「ポスト『緑の革命』―農業の変遷と現状」大橋・村山編『バングラデシュを知るための60章』明石書店、2003年8月、165-167.
  • 40.藤田幸一「90年代ミャンマーの稲二期作化と農業政策・農村金融-イラワジ管区一農村調査事例を中心に」『経済研究』54巻4号、2003年10月、300-314.
  • 41.K.G. Moazzem and Koichi Fujita, “Marketing System of Potato and Its Changes in Bangladesh”, The Developing Economies 42(1), March 2004, 300-314.
  • 42.Koichi Fujita, “Groundwater Market in Bengal: Emergence and Transformation”, 『経済学雑誌』(大阪市立大学経済学会)105巻1号、2004年6月、21-47.
  • 43.栗田匡相・岡本郁子・黒崎卓・藤田幸一「ミャンマーにおける米増産至上主義政策と農村経済-8ヵ村家計調査データによる所得分析を中心に」『アジア経済』45巻8号、2004年8月、2-37.
  • 44. 藤田幸一「農村の貧困と開発の課題」絵所秀紀・穂坂光彦・野上裕生編『貧困と開発』日本評論社、2004年9月、57-77.
  • 45.Koichi Fujita and Shinsuke Tomita, “The Potential for Saving Mobilization from Rural Areas: Case Study of a Saving Group in Rural Vientiane Municipality”, Committee of the Planning and Investment Lao People’s Democratic Republic and Japan International Cooperation Agency, Macroeconomic Policy Support for Socio-Economic Development in the Lao PDR Phase 2 Main Report Volume 2, March 2005, 221-236.
  • 46.Koichi Fujita and Shinsuke Tomita, “Expansion of Maize Cultivation and Its Impact on Rural Finance in Northern Laos”, Committee of the Planning and Investment Lao People’s Democratic Republic and Japan International Cooperation Agency, Macroeconomic Policy Support for Socio-Economic Development in the Lao PDR Phase 2 Main Report Volume 2, March 2005, 237-270.
  • 47.Koichi Fujita and Shinsuke Tomita, “Rural Finance under a Highly Commercialized Economy in the Bolaven Plateau: Case Study of Three Villages”, Committee of the Planning and Investment Lao People’s Democratic Republic and Japan International Cooperation Agency, Macroeconomic Policy Support for Socio-Economic Development in the Lao PDR Phase 2 Main Report Volume 2, March 2005, 271-310.
  • 48.Koichi Fujita and Shinsuke Tomita, “Finance for Rural Development in Laos: Discussions”, Committee of the Planning and Investment Lao People’s Democratic Republic and Japan International Cooperation Agency, Macroeconomic Policy Support for Socio-Economic Development in the Lao PDR Phase 2 Main Report Volume 2, March 2005, 311-317.
  • 49.富田晋介・藤田幸一・P. Sombounmy・C. Chaleunsinh「ラオス北部山岳部におけるトウモロコシ栽培の拡大要因」『熱帯農業』49号、2005年3月、95-96.
  • 50.藤田幸一「ミャンマーにおける市場経済化と経済発展構造」藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、3-23.
  • 51.藤田幸一・岡本郁子「開放経済移行下のミャンマー農業」藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、169-229.
  • 52.藤田幸一「ミャンマーにおける市場経済化と農業労働者層」藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、273-307.
  • 53.ナンミャーケーカイン・藤田幸一「市場経済移行下のミャンマーにおける都市雑業層」  藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、309-334.
  • 54.藤田幸一「インドの食料問題と食料政策-その構造と展望」『国際開発研究』15巻2号、2006年11月、51-64.
  • 55.藤田幸一・岡通太郎・アショク クンドゥ「インド・シッキム州の一農村調査報告」『アジア経済』74巻3号、2008年3月、30-54.
  • 56.藤田幸一「ミャンマーの「貧困」問題-食料政策との関連を中心に」工藤年博編『ミャンマー経済の実像-なぜ軍政は生き残れたか』アジア経済研究所、2008年3月、117-145.
  • 57.河野泰之・藤田幸一「商品作物の導入と農山村の変容」横山智・落合雪野編『ラオス農山村地域研究』めこん、2008年3月、395-429.
  • 58.Koichi Fujita, “Rural Economy in Myanmar at the Crossroads: With Special Reference to Rice Policies”, Shigeaki Abe and N. Bhanupong (ed.), East Asian Economies and New Regionalism, Kyoto University Press and Trans Pacific Press, 2008, 160-192.
  • 59.藤田幸一「ミャンマー軍政はなぜ持続するのか」『エコノミスト』86巻40号、2008年7月、50-53.
  • 60.藤田幸一「南アジアの農村社会構造と農業集約化―「東アジア小農社会」との対比で」  竹中千春・高橋信夫・山本信人編『現代アジア研究2 市民社会』慶應義塾大学出版会、2008年12月、109-131.
  • 61.Koichi Fujita, “Worlds Apart: Peasants in Japan and Agricultural Laborers in Bangladesh”, International Journal of South Asian Studies, Volume 2, 2009, 87-104.
  • 62.Taufiqul Islam and Koichi Fujita, “Empowering Rural Administration at the Lowest Level: A Comparative Study of Bangladesh and India”, Regional Development Studies, 13, 2009, 88-104.
  • 63.Koichi Fujita, Fumiharu Mieno, and Ikuko Okamoto, “Myanmar’s Economic Transformation after 1988”, Koichi Fujita, Fumiharu Mieno and Ikuko Okamoto (ed.), The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 1-19.
  • 64.Koichi Fujita and Ikuko Okamoto, “Overview of Agricultural Policies and the Development in Myanmar”, Koichi Fujita, Fumiharu Mieno and Ikuko Okamoto (ed.), The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 169-215.
  • 65.Koichi Fujita, “Agricultural Labourers in Myanmar during the Economic Transition: Views from the Study of Selected Villages”, Koichi Fujita, Fumiharu Mieno and Ikuko Okamoto (ed.), The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 246-280.
  • 66.Nang Mya Kay Khaing and Koichi Fujita, “Urban Informal Sector Labourers in Yangon”, Koichi Fujita, Fumiharu Mieno and Ikuko Okamoto (ed.), The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 281-306.
  • 67.藤田幸一「ラオスの村と信用組合の普及・発展」大鎌邦雄編『日本とアジアの農業集落』清文堂、2009年11月、286-293.
  • 68.藤田幸一「インドの食料政策と砂糖をめぐる動向」『砂糖類情報』164号、2010年5月、1-4.
  • 69.藤田幸一「バングラデシュ経済」石上悦朗・佐藤隆広編『現代インド・南アジア経済論』ミネルヴァ書房、2011年1月、315-338.
  • 70.Koichi Fujita, “Introduction: Socio-Economic Dynamics in a Tank-Irrigated Rural area in Contemporary Tamil Nadu, India”, Southeast Asian Studies, 49(1), June 2011, 3-21.
  • 71.Koichi Fujita and Keiko Sato, “Self-Help Groups and the Rural Financial Market in South India: A Case Study of a Tamil Nadu Village”, Southeast Asian Studies, 49(1), June 2011, 74-92.
  • 72.M. Jegadeesan and Koichi Fujita, “Deterioration of the Informal Tank Institutions in Tamil Nadu: Caste-Based Rural Society and Rapid Economic Development in India”, Southeast Asian Studies, 49(1), June 2011, 93-123.
  • 73.藤田幸一「モンスーン・アジアの発展径路―その固有性と多様性」杉原薫・脇村孝平・藤田幸一・田辺明生編『歴史のなかの熱帯生存圏―温帯パラダイムを超えて』京都大学学術出版会、2012年、271-302.
  • 74.藤田幸一「インドの米需給と関連する諸政策」日本農業研究所『世界の米需給動向と主要諸国の関連政策』、2012年4月、79-94.
  • 75.藤田幸一「ミャンマーの農業と農村発展―稲作部門を中心に―」尾高煌之助・三重野文晴編『ミャンマー経済の新しい光』、勁草書房、2012年9月、65-98.
  • 76.藤田幸一・遠藤環・岡本郁子・中西嘉宏・山田美和「タイにおけるミャンマー人移民労働者の実態と問題の構図―南タイ・ラノーンの事例から」『東南アジア研究』50巻2号、2013年1月、157-210.
  • 77.藤田幸一・M. ジェガディーサン「ティルプルの出稼ぎ労働者」『アジ研ワールド・トレンド』212号、2013年5月、23-26.
  • 78.M. Jegadeesan and Koichi Fujita, “Sustainability of Traditional Institution in Tank Irrigation Management: An Example from Madurai District of Tamil Nadu, India”, H. Phillip, T. Rathakrishnan and R.V. Theodore (ed.), Extension Management in the Information Age: Initiatives and Impacts, First Edition, New India Publishing House: New Delhi, 2013, 297-306.
  • 79.Koichi Fujita, “Growth and Stagnation of Agriculture in Eastern India and Bangladesh”, The Brown Journal of World Affairs, XX (I), 2013, 179-190.
  • 80.藤田幸一「インド―経済成長下における食糧安全保障の強化」『日本農業年報60号』、農林統計協会、2014年2月、275-291.
  • 81.Koichi Fujita and Keiko Sato, “SHGs for Poverty Alleviation? Insights from a Tamil Nadu Village under Rapid Economic Development”, Bhandari, A.K. and A. Kundu ed., Microfinance, Risk-taking and Livelihood, Spinger, 2014, 69-85.
  • 82.藤田幸一・佐藤慶子「インドにおけるマイクロファイナンス―高度経済成長下のその実態、役割、および限界」福井清一編『新興アジアの貧困削減と制度』勁草書房、2014年、165-186.
  • 83.藤田幸一・柳澤雅之・大野昭彦「市場経済移行下ヴェトナム紅河デルタの行政と農村社会―2011~12年現地調査に基づく試論」『青山学院大学経済論叢』第92号、2014年、53-95.
  • 84.藤田幸一「第1節 農業後進性の要因分析」(「ビハール―農業停滞による貧困化」)柳澤悠・水島司編『激動のインド第4巻 農業と農村』日本経済評論社、2014年、233-250、268-271.
  • 85.藤田幸一「西ベンガル―土地改革は何をもたらしたか」柳澤悠・水島司編『激動のインド第4巻 農業と農村』日本経済評論社、2014年、273-301.
  • 86.藤田幸一「開発行政と農村社会」柳澤悠・水島司編『激動のインド第4巻 農業と農村』日本経済評論社、2014年、305-357.
  • 87.藤田幸一「インド農業の現段階」柳澤悠・水島司編『激動のインド第4巻 農業と農村』日本経済評論社、2014年、389-422.
  • 88.M. Jegadeesan and Koichi Fujita, “Knitted Together: The Life of Migrants in Tiruppur Garment Cluster”, Shuji Uchikawa (ed.), Industrial Clusters, Migrant Workers, and Labour Markets in India, Palgrave Macmillan, 2014, 62-88.
  • 89.Suresh Kumar and Koichi Fujita, “Industrial Growth and Indian Agriculture: Insights from Two Villages near Tiruppur, Tamil Nadu”, Shuji Uchikawa, (ed.), Industrial Clusters, Migrant Workers, and Labour Markets in India, Palgrave Macmillan, 2014, 149-175.
  • 90.Koichi Fujita, “How Agriculture in Bihar Lagged Behind: Implications for Future Development”, Yuko Tsujita (ed.), Inclusive Growth and Development in India: Challenges for Underdeveloped Regions and the Underclass, Palgrave Macmillan, 2014, 40-73.
  • 91.Akihiko Ohno and Koichi Fujita, “Introduction: Savings Groups in Laos from a Comparative Perspective”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary Issue), 2015, 3-14.
  • 92.Koichi Fujita, Akihiko Ohno and Chansathith Chaleunsinh, “Performance of Savings Groups in Maountainous Laos under Shifting Cultivation Stabilization Policy”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary Issue), 2015, 39-71.
  • 93.Chansathith Chaleunsinh, Akihiko Onho, Koichi Fujita, and Fumiharu Mieno, “An Analysis on Borrowing Behavior of Rural Households in Vientiane Municipality: Case Study of Four Villages”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary Issue), 2015, 113-133.
  • 94.Koichi Fujita, “The Excess Funds Problem of Savings Groups in Laos: Case Study of a Village in Vientiane Municipality”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary issue), 2015, 135-155.
  • 95.藤田幸一「独立後インドの経済発展径路―多様性と階層性のガバナンス」田辺明生・杉原薫・脇村孝平編『現代インド1 多様性社会の挑戦』東大出版会、2015年、279-303.
  • 96.翟亜蕾・藤田幸一「ミャンマー・コーカン自治区における麻薬代替開発と農村の社会経済変容―サトウキビ契約栽培導入のインパクトを中心に―」『アジア経済』57巻1号、2016年3月、2-33.
  • 97.藤田幸一・浅田晴久・カマル ヴァッタ・佐藤孝宏・スレッシュ クマール「Resources and Environmental Issues in Contemporary India 現代インドにおける資源環境問題」『南アジア研究』28号、2016年12月、210-215.
  • 98.Koichi Fujita, “Agriculture and Rural Development Strategy in Myanmar: With a Focus on Rice Sector”, Konosuke Odaka (ed.), The Myanmar Economy: Its Past, Present and Prospects, Springer, 2016, 97-129.
  • 99.M. Jegadeesan and Koichi Fujita, “Role of Institution in Tank Water Management in Tamil Nadu-India”, Kumar, J.V., K. Rathakrishnan, P. Murgan and M. Jegadeesan ed. Extenstion Managememnt Strategies for Sustainable Agriculture: Opportunities and Challenges, New India Publishing Agency: New Delhi, 2016, 429-442.
  • 100.Koichi Fujita, “Re-evaluating the Land Reforms in West Bengal”, International Journal of South Asian Studies, Vol. 8, 2016, 3-32.
  • 101.藤田幸一「変わる農業・農村―就業構造の多様化と賃金上昇―」大橋正明・村山真弓・日下部尚徳・安達淳哉編『バングラデシュを知るための63章』第3版、2017年10月、329-334.

  • 1) 科研・奨励研究A「灌漑農業をめぐる市場機構の役割と限界に関する国際比較研究」、1996年度。
  • 2) サントリー文化財団「インド経済の発展とヒンドゥ社会のゆくえ―タミル灌漑農村コミュニティの変容の力学」、2006年8月~2008年7月。
  • 3) 平和中島財団・アジア重点研究「ラオス村信用組合の農村住民の金融行動に及ぼす影響と組合の発展可能性に関する研究」、2007年度。
  • 4) (外国人)特別研究員奨励費「インドにおけるため池灌漑システムの劣化―社会経済的要因とその救済策」、2007~2009年度。
  • 5) (外国人)特別研究員奨励費「バングラデシュの地方行政制度と「仕事のための食料」計画―貧困削減の加速化のために」、2007~09年度。
  • 6) 科研・基盤研究C「バングラデシュ農村変容15年―同一村再調査に基づく農村階層構造の変化を中心に」、2009~2011年度。
  • 7) 科研・基盤研究B「アジア農村金融研究のパラダイム転換に向けて―農村社会構造に着目した比較地域分析」、2012~2015年度。
  • 8) 科研・挑戦的萌芽研究「中印邂逅は何をもたらすか―「ゾミア」の社会経済変容に関する予備的研究」、2015~2016年度。
  • 9) (外国人)特別研究員奨励費「ミャンマー中央乾燥地農業・農村の改善に向けて―砂糖ヤシ小作と粗糖流通に関する研究」、2015~2017年度。
  • 10)科研・基盤研究A「南アジア農業・農村の新段階―土地・労働の流動化を軸としたダイナミズムの総合的研究」、2016~2020年度。

 

 

Staff Page