IIZUKA Noriko

Position: Researcher

MAIL: noriko [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

Research Departments

Environmental Coexistence

Area

Social innovation, environmental education, area studies

Research Interests

①Study on significance of education through diversified indigenous knowledge in practice
②Analysis of utility of traditional and ecological knowledge of Indigenous people in moderns school education
③Research on relationship of symbols of tradition and myth with environmental sustainability



 

    論文・研究ノート

  • 1. 飯塚宜子「多様な異文化の民俗に学ぶ環境教育-都市住民における「人間と自然の関係性」の捉え方」博士論文 2016年9月
  • 2. Noriko Iizuka, “Land based Wisdom and Education: Uses of Medical Plant by Taku River Tlingit First Nation in Canada,” Proceedings of Bilateral Symposium, “Technology the rules of Mathematics and Sciences for Sustainable Development.” Faculty of Mathematics and Natural Sciences, Matram University, Indonesia, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University, and Graduate School and Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University, 2018 (printing).
  • 3. 飯塚宜子「「子どもたちが見いだす多様性と普遍性―環境教育としての異なる地域への理解」飯塚宜子・王柳蘭編『子どもたちは多様な地域に何を学ぶのか―感じ方の育みと総合的理解の視点』地域研究コンソーシアム・京都大学地域研究統合情報センター・NPO法人平和環境もやいネット、5-14頁、2015年3月
  • 4. 飯塚宜子「ワークショップ『大草原!羊と旅する女の子』の実践を通して」飯塚宜子・王柳蘭編『子どもたちは多様な地域に何を学ぶのか―感じ方の育みと総合的理解の視点』地域研究コンソーシアム・京都大学地域研究統合情報センター・NPO法人平和環境もやいネット、16-20頁、2015年3月
  • 5. 飯塚宜子「北米先住民タク・リバー・クリンギット族の土地に根ざす教育」『同志社政策科学研究』16巻2号、91-101頁、2015年3月(査読あり)
  • 6. 飯塚宜子「モンゴル遊牧民に学ぶ環境教育の可能性 : 人間と多様な自然の相互関係を基軸に」『同志社政策科学研究』 15巻1号、133-140頁、2013年9月(査読あり)

 

    編著書

  • 1. 阿部健一、飯塚宜子、三宅由莉、佐藤優香『地球への感性 Vol.2-国連子供環境ポスターを活用した学びの実践』全30頁、2017年3月
  • 2. 飯塚宜子・王柳蘭編著『子どもたちは多様な地域に何を学ぶのか―感じ方の育みと総合的理解の視点』 地域研究コンソーシアム・京都大学地域研究統合情報センター・NPO法人平和環境もやいネット、全119頁、2015年3月
  • 3. 阿部健一・飯塚宜子・三宅由莉『世界の子どもたちの地球想い展-国連子ども環境ポスター原画コンテスト作品集』総合地球環境学研究所、全79頁、2014年3月
  • 4. 飯塚宜子・三宅由莉・佐藤優香『Listening Together地球への感性―創造的鑑賞による学びの実践』総合地球環境学研究所、全20頁、2011年3月
  • 5. Noriko IIZUKA・Yuri Miyake・Yuka Sato, Listening Together Cultivating Sensitive Intelligence towards the Earth: Learning through Creative Appreciation, Research Institute for Humanity and Nature, p.20, March, 2011

 

 

Staff Page